ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

男性特有の肌トラブルと言えばカミソリ負け、美容液や剃り方で対策を

社会人男性にとって身だしなみは非常に大切な要素です。毎朝、起床をした後、洗顔と歯磨きと髭剃りをするのが多くの男性陣の日課でしょう。身だしなみが乱れていると、社会人として評価が下がりかねません。清潔感が漂う方が異性に好感を抱いてもらえますし、サラリーマンとして顧客や上司から信頼を集められます。

社則で髭をたくわえる事が禁じられている企業も珍しくはありません。また若いサラリーマンが口ひげや顎髭をたくわえるのは少々不釣り合いです。無精ひげはNG、だらしないサラリーマンという評価を下されるばかりですので、毎朝鏡を見ながら丁寧に剃っておきましょう。

カミソリを利用して顎や口周辺に生えた髭を剃る方々が多いです。毎朝シェービングを欠かさずにしておけば、一回あたりの作業時間は僅かで済みます。シェービングに必要なアイテムはコンビニやドラッグストアで買い揃えられます。ビジネスホテルを出張で利用した時はアメニティがあるので、旅先でも確実に身だしなみをいつも通り整えられるでしょう。

髭剃りをした後、肌トラブルに見舞われたら、それはカミソリ負けを起こしています。一口にカミソリ負けと言っても、実際の症状は様々です。シェービングをした後、顎の部分がひりひりとしたり、口元に痒みを強く感じたり、あるいは剃った部分から出血する等、症状は状況や個人によって色々となります。

そもそもシェービングの作業は髭だけをピンポイントで剃り落としているわけではありません。髭と一緒に必ず肌の角質を削ぎ落しており、髭剃りをした後に肌ケア用の美容液などを塗っておかなければいけません。個人差はありますが、美容液を使わずに放置すれば、口元や顎周辺がヒリヒリしたり、痒みを覚えるのはむしろ当然です。

カミソリ負けは元々、肌が弱い男性だけがなる肌トラブルだと言われていますが、実際はそうではありません。切れ味抜群のカミソリを使えば誰でもなりやすく、肌ケアを怠れば、高確率で遭遇します。切れ味の良い物を使った方が毎朝短時間で、剃り残しもなく顎髭や口元の髭を処理出来るので便利ですが、同時に専用の美容液を必ず準備しておきたいところです。

剃った後に出血する事だけをカミソリ負けだと呼ぶ方々も多いですが、痒みや痛みを覚えるだけでも深刻な肌トラブルであり、お肌からのサインを見過ごしてはいけません。

カミソリの使い方を工夫するだけでも、カミソリ負けのリスクは軽減させられます。時間に余裕がある時は、お肌に優しい成分が入った洗顔用クリームや洗顔用の石鹸で、顔を綺麗にしましょう。

その後、タオルで顔についた水分を拭きとります。完全に拭きとるのではなく適度に水分を残しておくのが、ここでのポイントです。続いて、シェービング用のクリームを顔の全体に塗っていきましょう。よくカミソリ負けを起こす部分では若干多めにクリームを塗っておけば、さらにベストです。

その後、カミソリを髭の生える流れに沿って動かし、剃っていきます。反対方向から剃ると、短時間でシェービングが済む事がありますが、これは肌の表面を傷つける恐れがあり、オススメ出来ないテクニックです。肌についたクリームをカミソリで拭きとるような動作をイメージしましょう。

毛の生える向きに沿って動かし、力はほとんど入れずに動かすのが良いやり方です。力を入れ過ぎると、正しい方法で剃っても肌を傷つけてしまい、出血の恐れが出てます。シェービング作業が済んだ後は再び洗顔をして、クリームを洗い落とします。その後、肌ケア用の美容液を顔全体に塗り込み、アフターケアをすれば完璧です。夏場や雨季などは爽快感がある美容液を使えば、お肌がスッキリとした気分になり体感的に涼しい気持ちで出勤出来ます。

最終更新日

ひげ , カミソリ負け , 化粧水 , 清潔感 , 美容液 , 電気シェーバー