男の美容道

   

美容にこだわる男性のネイル事情

どんなにきちんとした服装を心がけていても、ちょっとした油断が見られると一気にだらしなくなってしまいます。爪の先というのは、実は一目に付きやすいところでありついついおろそかにしてしまいがちな所でもあります。男性とは言えども、気に掛けておいた方が良いのかも知れません。健康のバロメーターとも言える場所ですし、美容というよりも日常生活をも疎かにしているよう思われるとマイナスです。

美容に興味を持つ男性も多くなり、メンズ向けのサロンも多くなっています。そんな中でネイルケアをしているお店だって多くなりました。男のくせにという考え方はどうも当てはまらなくなっているようです。

カラーや飾りを付けてとにかく華やかに彩るのが女性のネイルサロンなら、男性向けの所の多くは清潔感や見た目がきちんと整っているかを重視してくれます。職場にそのまま行くのを躊躇してしまうようなとんでもない爪にされるようなことは無いですから、ご安心ください。

たとえば、だらしなく伸びた爪を専用のニッパーできれいな形に整えてくれます。白い部分は残したほうが良いのかすべて切ってしまう方がいいのかなど、事前にこちらの要望は確認してくれるでしょうから大丈夫です。やすりがけも初体験という方が多いでしょう。小さな赤ちゃんが家に居るという方などは特に、こういった処理をしてもらった方が安心かもしれません。甘皮を放っておくと硬くなり角質化します。それでも放っておいたらささくれが起こったり爪の乾燥を導く結果となってしまうのです。こちらもきちんと処理してくれます。見る人が見れば、ただ爪を切っているだけでなく丁寧にケアしているのだなということが一目瞭然なのです。意外と爪の表面はでこぼこになっているもの、それが不健康に見せている場合もあります。サロンだと厚みを確認し表面を専用のスポンジで磨いて滑らかにしてくれるでしょう。わざわざネイルを塗らずとも、それだけでもツルツルピカピカに輝かせることが出来るのです。
最終的な仕上げの工程ですが、世の中にはまだ「男が爪をサロンでケアしてもらうなんて考えられない」という方が大半ですから、磨いてツヤを出す以外にもつやを出さないナチュラル仕上げだって可能です。とりあえず今の状態を長くキープするためにコーティングだけお願いするという方法もあります。施術前と後は一目瞭然、パソコン入力をしたり書類をめくったり、ちょっとした時に自身のつめを見るたびに、心が華やぐことでしょう。もちろん周囲の女性達だって気付いていないわけはありません。さりげなくチェックし、お洒落にこだわる素敵な方としてインプットされるはずです。濃い顔が好みと言われていた昔と違って、今は清潔感こそが美徳とされています。男だから爪なんてどうだって良いと考えず、一度ケアしてもらってみませんか。

とはいえ、ネイルサロンは敷居が高い・そもそも周辺に専用のお店が無いという方もいるでしょう。その場合は100円ショップを覘いてみてください。つめきりではなくニッパーだってありますし、やすりや甘皮を処理するための道具に乾燥予防のためのキューティクルオイルと一通り揃っているのです。一通り揃えても1個100円ですからそれほどの費用はかかりません。女性専用というわけではなく、男性が買っていても決して違和感はないのです。

毎年日本ネイリスト協会が主催しているネイルクイーンには男性部門もあります。東京ビッグサイトで開催のネイルエキスポでも男性向けの体験コーナーが設けられており、美容に興味のある男の方たちがこぞって参戦していました。今や市民権を得ているのですから、あなたもぜひ爪の先までお洒落を考えてみましょう。

ネイルケア , 清潔感 ,